Redmineにコードレビューのプラグインをインストールする方法

RedmineでGithubみたくブラウザでコードレビュー出来るようにしたかったので、

コードレビュープラグインを入れてみました。

インストールした環境は以下の通り。

  • Ubuntu12.04
  • Redmine2.1.4
  • Ruby1.9.3 p327

プラグインのソースを取得

Redmineのプラグインディレクトリに移動し、

コードレビュープラグインのソースファイルをhgコマンドで取得します。

1
2
cd /var/www/redmine/plugins
sudo hg clone https://bitbucket.org/haru_iida/redmine_code_review

hgコマンドがインストールされていない場合、

1
sudo apt-get install mercurial

でインストール出来ます。

プラグインのインストール

一旦、redmineのインストールディレクトリ直下まで移動します。

1
cd /var/www/redmine

コードレビュープラグインに必要なgemをインストールします。

1
sudo bundle install

コードレビュープラグイン用のテーブルを作成します。

1
sudo rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production

インストールに成功した場合、管理画面からプラグインのバージョン情報などが確認できます。

上記の様に表示されない場合、apacheの再起動などを行なってみてください。

1
sudo service apache2 restart

初期設定など

インストールしただけだと使えるようになってくれないので、

必要な設定を行います。

まずは、プロジェクト作成時にプラグインが有効になるように、

管理画面の設定から、プロジェクトのモジュールを有効にします。

既存のプロジェクトでプラグインを使いたい場合、

プロジェクトの設定からモジュールを開きモジュールを有効にします。

使い方

プロジェクトのリポジトリから適当なソースを開き、「レビューを書く」リンクをクリックします。

すると、鉛筆マークが表示されるので、レビューの結果を書きたい行の鉛筆マークをクリックします。

レビュー結果の入力フォームが表示されるので、タイトルなどを入力し、「適用」ボタンをクリックします。

レビュー結果はチケットとして登録され、レビュー結果が登録された行は吹き出しのアイコンが表示されるようになります。

(レビュー結果の一覧は、コードレビューのタブから確認できます)