Zabbix Server2.2.1をUbuntu13.10にインストールする方法

Ubuntu13.10zabbix2.2.1をインストールした時のメモ。

メモった事

  • ソースコードからzabbix-serverインストール
  • フロントエンド用のGUI設定
  • 文字化け対策など

zabbix-serverのインストール

zabbix-serverapt-getコマンドでインストール出来なかったのでソースからインストールします。

zabbix用のユーザーを追加します。

1
2
# groupadd zabbix
# useradd -g zabbix zabbix

http://www.zabbix.com/download.phpからソースコードをダウンロードします。

1
2
3
4
# cd /usr/local/src
# wget http://sourceforge.net/projects/zabbix/files/ZABBIX%20Latest%20Stable/2.2.1/zabbix-2.2.1.tar.gz/download -O zabbix-2.2.1.tar.gz
# tar xvzf zabbix-2.2.1.tar.gz
# cd zabbix-2.2.1/

cofigureした後、make installします。

1
2
3
# apt-get install libsnmp-dev
# ./configure --enable-server --enable-agent --with-mysql --enable-ipv6 --with-net-snmp --with-libcurl --with-libxml2
# make install

これでインストールは完了です。

zabbix-serverの初期設定

MySQL Server(10.0.0.100)にzabbix用(10.0.0.4)のデータベースを作成します。

1
2
mysql> create database zabbix_db default character set=utf8;
mysql> grant all privileges on zabbix_db.* to zabbix@10.0.0.4 identified by 'zabbix' with grant option;

/usr/local/src/zabbix-2.2.1/database/mysqlのzabbixのデータベース作成用のSQLファイルを実行します。

1
2
3
# mysql -u zabbix -pzabbix -h 10.0.0.100 zabbix_db < /usr/local/src/zabbix-2.2.1/database/mysql/schema.sql
# mysql -u zabbix -pzabbix -h 10.0.0.100 zabbix_db < /usr/local/src/zabbix-2.2.1/database/mysql/images.sql
# mysql -u zabbix -pzabbix -h 10.0.0.100 zabbix_db < /usr/local/src/zabbix-2.2.1/database/mysql/data.sql

/usr/local/etc/zabbix_server.confのDB接続設定を変更します。

1
2
3
4
DBName=zabbix_db
DBUser=zabbix
DBPassword=zabbix
DBHost=10.0.0.100

ソースファイルからDebian用の起動スクリプトをコピーします。

1
2
3
4
# cp /usr/local/src/zabbix-2.2.1/misc/init.d/debian/zabbix-server /etc/init.d/zabbix-server
# cp /usr/local/src/zabbix-2.2.1/misc/init.d/debian/zabbix-agent /etc/init.d/zabbix-agent
# chmod +x /etc/init.d/zabbix-server
# chmod +x /etc/init.d/zabbix-agent

OS起動時にzabbix-serverが自動起動するように設定します。

1
2
# apt-get install sysv-rc-conf
# sysv-rc-conf zabbix-server on

GUIの初期設定

GUIの動作に必要なパッケージをインストールします。

1
# apt-get install apache2 libapache2-mod-php5 php5 php5-mysql php5-gd ttf-japanese-gothic

/etc/php5/apache2/php.iniを変更します。

1
2
3
4
post_max_size = 16M
max_execution_time = 300
max_input_time = 300
date.timezone = Asia/Tokyo

zabbixのソースファイルからGUI用のソースをコピーします。

1
2
# cp -r /usr/local/src/zabbix-2.2.1/frontends /usr/local/share/zabbix/frontend
# chown -R www-data:www-data /usr/local/share/zabbix/frontend

GUI用の設定ファイルを作成します。

1
# cp /usr/local/share/zabbix/frontend/php/conf/zabbix.conf.php.example /usr/local/share/zabbix/frontend/php/conf/zabbix.conf.php

以下の様に環境に合わせて変更します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
<?php
// Zabbix GUI configuration file
global $DB;

$DB["TYPE"]                             = 'MYSQL';
$DB["SERVER"]                   = '10.0.0.100';
$DB["PORT"]                             = '3306';
$DB["DATABASE"]                 = 'zabbix_db';
$DB["USER"]                             = 'zabbix';
$DB["PASSWORD"]                 = 'zabbix';
// SCHEMA is relevant only for IBM_DB2 database
$DB["SCHEMA"]                   = '';

$ZBX_SERVER                             = 'localhost';
$ZBX_SERVER_PORT                = '10051';
$ZBX_SERVER_NAME                = '';

$IMAGE_FORMAT_DEFAULT   = IMAGE_FORMAT_PNG;
?>

/etc/apache2/sites-available/zabbix.confにzabbix用のファイルを作成します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
<VirtualHost *:80>
  ServerAdmin webmaster@localhost

  DocumentRoot /var/www

  <Directory /usr/local/share/zabbix/frontend/php>
      AllowOverride All
      Require all granted
  </Directory>

  ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log

  CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined

  Alias /zabbix /usr/local/share/zabbix/frontend/php
</VirtualHost>

apache用の設定ファイルを作成後、設定ファイルを有効にします。

1
# a2ensite zabbix

グラフの文字化け対策

GUIのプロファイルで日本語が選択出来るように、日本語のlocaleを作成しておきます。

1
2
# locale-gen ja_JP.UTF-8
# dpkg-reconfigure locales

GUIでグラフが文字化けしないように、フォントのSymbolicLinkを張ります。

1
2
3
# apt-get install fonts-ipafont-gothic fonts-ipafont-nonfree-uigothic
# ln -s /usr/share/fonts/opentype/ipafont-gothic/ipag.ttf /usr/local/share/zabbix/frontend/php/fonts/ipag.ttf
# ln -s /usr/share/fonts/truetype/ipafont-nonfree-uigothic/ipagui.ttf /usr/local/share/zabbix/frontend/php/fonts/ipagui.ttf

/usr/local/share/zabbix/frontend/php/include/defines.inc.phpのZBX_GRAPH_FONT_NAMEを変更します。

1
2
3
<?php
// (省略)
define('ZBX_GRAPH_FONT_NAME',           'ipagui'); // font file name

apacheを再起動します。

1
# service apache2 restart

ブラウザでhttp://zabbixサーバーのIP/zabbixにアクセスすると、GUIが表示されます。

Comments