zabbixでRTX-810をSNMPv2で監視する方法

zabbixを使って、RTX-810をSNMPv2で監視する設定を行った時のメモです。
SNMPサービスをzabbixサーバー内で動かして、
zabbix側でRTX-810のグラフを見たり出来るようにしてみました。

RTX-810側の設定

まずは、RTX-810側でSNMPv2を有効にしておきます。
(IPアドレスは、SNMPサービスが動いてるサーバーのIPを指定します。)

1
2
# snmpv2c host 10.0.0.4 
# snmpv2c trap host 10.0.0.4 

SNMPサービスの設定

SNMPサービス側にRTX-810の情報を取得させるには、MIBファイルが必要です。
YAMAHAのサイトから、MIBファイルをダウンロードし、/usr/share/snmp/mibs配下に解凍します。

1
2
3
# cd ~
# wget http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/mib/yamaha-private-mib.tar.gz
# tar xvzf yamaha-private-mib.tar.gz -C /usr/share/snmp/mibs

snmpsnmp-mibs-downloaderをインストールします。

1
# apt-get install snmp snmp-mibs-downloader

/etc/snmp/snmp.confを編集します。

1
mibs +ALL

download-mibsを実行します。

1
# download-mibs

snmpサービスとzabbix-serverを再起動します。

1
2
# service snmpd restart
# service zabbix-server restart

再起動後、snmpdがMIB定義ファイルを読み込み、zabbix-server側にも定義が反映されます。

監視項目のOIDの調査

YAMAHAのMIBに定義されているOIDを調べる必要があります。(この説明で合ってるかどうか不明ですが・・)
まずは、SNMPサービスに読み込まれているMIB全体のツリーを取得します。

1
# snmptranslate -Tp > MIBs.txt

MIBs.txtからyamahaという文字列を検索し、OIDを確認します。
yamahaが1182となっていましたので、
OIDは iso(1).org(3).dod(6).internet(1).private(4).enterprises(1).yamaha(1182)
でした。

このOIDを使い、snmpwalkでRTX-810で監視出来る項目を調べます。

1
# snmpwalk -v2c -c public 10.0.0.1 1.3.6.1.4.1.1182 > yamaha.txt

ネットワークに関する項目はsnmpwalkコマンドで.1.3.6.1.2.1を指定すると調べれます。

1
# snmpwalk -v2c -c public 10.0.0.1 .1.3.6.1.2.1

IF-MIB::ifOutOctets.1や、IF-MIB::ifInOctets.1に通信バイト数が入っているようです。
OIDを調べるには、snmpwalkコマンドに、-O fnオプションを指定して実行します。

1
# snmpwalk -O fn -v2c -c public 10.0.0.1 IF-MIB::ifOutOctets.1

zabbix用テンプレート作成

snmptranslatesnmpwalk等で調べた監視項目を使ってテンプレートを作成します。
作成したテンプレートはこちらです。

RTX-810テンプレート

テンプレートは、以下のインポートから行えます。

インポート後はRTX810用のホストを作成し、ホストにテンプレートをリンクすると、
SNMPで監視が行えるようになります。

グラフ(スクリーン)

監視項目の最新値

Comments